BLOG

ブログ

住宅の基礎と解体工事|奈良の解体工事 UK工業

【住宅の基礎と解体|奈良の解体工事 UK工業】

 

皆様こんにちは! 奈良で解体工事を行っているUK工業株式会社です。

 

当社は『美しく、きれいな解体』をモットーに、美しい仕上がりの解体工事を行うことを日々心掛けております!

 

奈良の解体業者選びは是非、UK工業株式会社におまかせください(^^♪

 

さて、今回のブログは、住宅の基礎と解体と題し、

 

住宅の基礎の種類と解体方法について解説していきます。(^^)

 

奈良の解体業者なら、UK工業にお任せ!! 解体の無料相談・お見積りをご希望の方はこちらから!

   奈良の解体業者なら、UK工業にお任せ!! 奈良県解体工事の料金案内はこちらから!

 奈良の解体業者なら、UK工業にお任せ!! UK工業についてのご案内はこちらから!


目次

住宅の基礎と解体

住宅の土台となる基礎は、色々な種類があります。
現在の基礎、または昔からの基礎を解説していきたいと思います。

1. 布基礎

〇構造:



コンクリートの布を使用し、家全体の底部を支える構造となっています。地面に鉄筋コンクリートの板を敷き、その上に立ち上がり部分を設けます。



〇メリット:



均一に荷重を分散できるため、地盤沈下に強い基礎です。地面からの湿気を防ぎやすくなっています。シロアリなどの害虫対策がしやすいです。



〇デメリット:



施工コストが高めで、地盤が弱い場合、補強工事が必要となります。



〇解体方法と費用の相場:



 ♢建物上部の解体



  ・建物全体を安全に解体するため、上部構造(屋根、壁、柱など)から順次解体し、重機を使用して効率的に作業を進めます。



 ♢布基礎の解体



  ・布基礎のコンクリートを削岩機やブレーカを使用して破砕し、鉄筋コンクリートの場合は、鉄筋を切断しながらコンクリートを砕きます。地中に埋設されている部分を掘削して取り出します。



 ♢解体の特徴



  ・機械の使用: 重機や削岩機を使用するため、作業が効率的に進めます。



  ・騒音と振動: コンクリートの破砕時に大きな騒音と振動が発生します。



  ・安全対策: 粉塵や飛散物対策が重要です。



 ♢廃棄物の種類



  ・コンクリート片…破砕されたコンクリートでリサイクル可能な場合が多々あります。




  ・鉄筋…鉄筋コンクリートから出る鉄筋でリサイクルが可能です。




  ・木材…建物の上部構造から発生する木材でリサイクルや再利用が可能です。




  ・アスファルトやタイル…床材や外装材から発生することがあります。




  ・プラスチックやガラス…窓枠や配管材などで適切な処理が必要です。




  ・その他の廃材…建設現場特有の廃材があり、適切な分別と処理が必要となります。




 ♢布基礎解体費用の相場



  ・相場は、1平方メートルあたり約5000円から10000円程度です。



   しかし、布基礎の厚さや鉄筋の有無、コンクリートの強度によって解体の難易度が変わります。


   地盤が固い場合や特殊な地形の場合、掘削や解体作業が難しくなるため、追加費用が発生する可能性があります。重機の使用、廃棄物の処理費用や量も大きく費用に影響します。


2. べた基礎 (一体型基礎)

〇構造:



基礎全体を一枚のコンクリートで一体化する方式。地盤面全体にコンクリートを打設し、その上に立ち上がり部分を設けます。




〇メリット:



地盤への負荷を広く分散できるため、地盤が弱い地域でも安定性と防湿性能が高く、構造的に頑丈です。




〇デメリット:



施工費用が高くなります。地盤の調査と補強が必要になる場合が多いです。




〇解体方法と費用の相場:
 


  ♢建物上部の解体



   ・建物の上部構造(屋根、壁、柱など)を順次解体し、重機や手作業を併用して安全に解体作業を進めていきます。



 ♢べた基礎の解体



  ・地面全体に広がるコンクリートスラブ(べた基礎)を削岩機やブレーカを使用して破砕します。鉄筋コンクリートの場合は、鉄筋を切断しながらコンクリートを砕き、重機を使ってコンクリート片を掘り起こし、収集します。



 ♢解体の特徴



  ・重機の使用: 重機を多用するため、作業が効率的に進みます。



  ・騒音と振動: コンクリートの破砕時に大きな騒音と振動が発生します。



  ・粉塵の発生: 破砕作業中に大量の粉塵が発生します。



 ♢廃棄物の種類



  ・コンクリート片…破砕されたべた基礎のコンクリートで、再生砕石としてリサイクル可能です。



  ・鉄筋…鉄筋コンクリートから出る鉄筋で、スクラップとしてリサイクル可能です。



  ・木材…建物の上部構造から発生する木材で、再利用やリサイクルが可能です。



  ・アスファルトやタイル…床材や外装材から発生することがあります。



  ・プラスチックやガラス…窓枠や配管材などで、適切な処理が必要です。



  ・その他の廃材…建設現場特有の廃材で、適切な分別と処理が必要です。



 ♢べた基礎解体費用の相場



  ・相場は、1平方メートルあたり約6,000円から12,000円程度です。



   しかし、コンクリートの厚さや鉄筋の密度、地盤が固い場合や特殊な地形の場合、掘削や解体作業が難しくなるため、追加費用が発生する可能性があります。重機の使用、廃棄物の処理費用や量も大きく費用に影響します。



べた基礎の解体は大規模な工事になることが多いため、信頼できる業者と適切な費用で行うことが重要であり、事前にしっかりと調査し、適正な見積もりを取得することで、円滑な解体工事を実現できます。


3. 杭基礎 (パイル基礎)

〇構造:



長い杭を地中に打ち込んで建物を支える方式で、地中の堅い層まで杭を到達させ、建物の荷重を支持する為に用います。



〇メリット:



軟弱な地盤でも安定した支持力が得られます。地盤沈下のリスクが低いです。



〇デメリット:



杭の施工が必要で、費用が高額になりやすいです。杭の腐食や劣化のリスクがあります。




〇解体方法と費用の相場:



 ♢建物上部の解体



  ・建物の上部構造(屋根、壁、柱など)を順次解体し、重機や手作業を併用して安全に解体作業を進めていきます。



 ♢杭基礎の解体



  ・掘削: 杭の周囲の土を掘削して、杭の頭部を露出させます。



  ・杭の引き抜き:油圧ジャッキやクレーンを使用し杭を引き抜きます。杭の引き抜きは、高い技術が求められます。



  ・杭の切断: 杭の引き抜きが難しい場合、杭を地中で切断して引き抜きやすくします。



  ・杭の破砕: コンクリート杭の場合、削岩機やブレーカで杭を破砕し、撤去します。



 ♢解体の特徴



  ・専門的な技術: 杭の引き抜きや切断には専門的な技術が必要です。



  ・重機の使用: 油圧ジャッキ、クレーン、削岩機などの重機が多用されます。



  ・時間と費用: 杭の深さや材質によって、解体に要する時間と費用が大きく異なります。



 ♢廃棄物の種類



  ・コンクリート片…破砕されたコンクリート杭の破片で、再生砕石としてリサイクル可能です。



  ・鋼材…鋼管杭から発生する鋼材で、スクラップとしてリサイクル可能です。



  ・木材…古い建物の場合、木材杭が使用されていることがあります。再利用やリサイクルが可能です。



  ・土砂…掘削時に発生する土砂で、適切な処理が必要です。



  ・その他の廃材…建設現場特有の廃材で、適切な分別と処理が必要です。



 ♢杭基礎解体費用の相場



  ・杭の種類、長さ、数量に基づいて計算されます。特に深い杭や特殊な材質の杭の場合、費用が高くなる傾向があります。



相場は、1本あたり数十万円から数百万円程度です。しかし、コンクリート杭、鋼管杭、木杭などの種類により解体の難易度が異なり、費用に影響します。



杭の長さや地中深くに埋まっている場合、引き抜きや破砕が難しくなり、費用が増加します。杭基礎の解体は技術的に難易度も高いため、費用も比較的高額になります。


4. 独立基礎 (フーチング基礎)

〇構造:



支持点ごとに独立した基礎を設ける方式です。柱の下に個別に基礎を設置し、その上に建物を構築します。



〇メリット:



施工が比較的簡単です。部分的な補強が容易にしやすいです。



〇デメリット:



不均等な荷重分布がある場合、地盤沈下のリスクが高く、防湿性能が低いことがあります。



〇解体方法と費用の相場:



 ♢建物上部の解体



  ・建物の上部構造(屋根、壁、柱など)を順次解体し、重機や手作業を併用して安全に解体作業を進めていきます。



 ♢独立基礎の解体



  ・掘削: 基礎の周囲の土を掘削して、基礎の全体を露出させます。



  ・基礎の破砕: 削岩機やブレーカを使用して基礎コンクリートを破砕します。基礎が深く埋まっている場合には、掘削をさらに進めます。



  ・鉄筋の切断: 鉄筋コンクリート基礎の場合、鉄筋カッターを使って鉄筋を切断し、コンクリートを破砕します。



 ♢解体の特徴



  ・個別処理: 基礎が独立しているため、各基礎を個別に解体する必要があります。



  ・重機の使用: 重機を多用するため、作業が効率的に進みますが、各基礎ごとに重機を移動させる必要があります。



  ・時間と費用: 基礎の数や深さによって解体に要する時間と費用が変動します。


 
 ♢廃棄物の種類



  ・コンクリート片…破砕された独立基礎のコンクリート。再生砕石としてリサイクル可能です。



  ・鉄筋…鉄筋コンクリート基礎から発生する鉄筋。スクラップとしてリサイクル可能です。



  ・木材…古い建物の場合、木材基礎が使用されていることがあります。再利用やリサイクルが可能です。



  ・土砂…掘削時に発生する土砂。適切な処理が必要です。



  ・その他の廃材…建設現場特有の廃材。適切な分別と処理が必要です。



 ♢杭基礎解体費用の相場



  ・相場は、1基あたり数万円から数十万円程度です。しかし、基礎の数が多い場合や、深く埋まっている場合、解体に要する時間と労力が増加し、費用が増加します。



鉄筋コンクリート基礎、木材基礎など、材質によって解体の難易度と費用が変動します。独立基礎の解体は技術的に難易度が高い部分もあるため、信頼できる業者と適切な費用で行うことが重要です。


5. 鋼管杭基礎

〇構造:


鋼管を地中に打ち込んで支持する方式で、特に深い地盤に適した基礎となります。



〇メリット:


高い支持力と安定性があり、施工期間が短期間です。



〇デメリット:


鋼管の腐食リスクがあり、施工コストが高めになります。



〇解体方法と費用の相場:



 ♢建物上部の解体



  ・建物の上部構造(屋根、壁、柱など)を順次解体し、重機や手作業を併用して安全に解体作業を進めていきます。




 ♢鋼管杭の解体



  ・掘削: 杭の周囲の土を掘削して、杭の頭部を露出させます。



  ・杭の引き抜き:クレーンや油圧ジャッキを使用し、 杭を引き抜きます。杭の引き抜きには高い技術が必要です。



  ・杭の切断: 引き抜きが難しい場合、杭を地中で切断して引き抜きやすくします。切断には専用の工具や機械が使用されます。



 ♢解体の特徴



  ・特殊技術の必要性: 鋼管杭の引き抜きや切断には特殊な技術と機材が必要です。



  ・重機の多用: クレーンや油圧ジャッキなどの重機を使用して作業を行います。



  ・個別処理: 各鋼管杭を個別に処理するため、時間と費用がかかります。



 ♢廃棄物の種類



  ・鋼材…引き抜いた鋼管杭や切断した鋼材で、スクラップとしてリサイクル可能です。



  ・コンクリート片…鋼管杭がコンクリートで被覆されている場合、そのコンクリート片は、再生砕石としてリサイクル可能です。



  ・土砂…掘削時に発生する土砂で、適切な処理が必要です。



  ・その他の廃材…建設現場特有の廃材で、適切な分別と処理が必要です。



 ♢杭基礎解体費用の相場



  ・相場は、1本あたり数十万円から数百万円程度です。杭の数が多い場合や、深く埋まっている場合、解体に要する時間と労力が増加し、費用が増加します。



鋼管の太さや材質によって解体の難易度と費用が変動します。鋼管杭基礎の解体は技術的に難易度が高く、費用も比較的高額になります。


6. 鉄筋コンクリート杭基礎

〇構造:



鉄筋コンクリート製の杭を地中に打ち込む方式で、耐久性と支持力に優れています。



〇メリット:



高い耐久性と支持力かあり、寿命が長いです。



〇デメリット:



施工費用が高額になりやすく、杭の設置が必要で、施工期間が長くなることがあります。



〇解体方法と費用の相場:



 ♢建物上部の解体



  ・建物の上部構造(屋根、壁、柱など)を順次解体し、重機や手作業を併用して安全に解体作業を進めていきます。



 ♢鉄筋コンクリート杭の解体



  ・掘削: 杭の周囲の土を掘削して、杭の頭部を露出させます。



  ・杭の引き抜き:油圧ジャッキやクレーンを使用し、杭を引き抜きます。これは特に杭が深く埋まっている場合に適用されます。



  ・杭の破砕:引き抜きが困難な場合、杭を地中で切断し、破砕機や削岩機を使用して杭を破砕します。鉄筋を切断するためには鉄筋カッターが使用されます。



 ♢解体の特徴



  ・高い強度と埋設深度: 鉄筋コンクリート杭は高い強度を持ち、深く埋設されていることが多いため、解体には特別な技術と重機が必要です。



  ・重機の使用: 油圧ジャッキ、クレーン、破砕機などの重機を多用します。



  ・時間と費用: 基礎の規模や深さにより解体に要する時間と費用が変動します。



 ♢廃棄物の種類



  ・コンクリート片…破砕された鉄筋コンクリートのコンクリート片で、再生砕石としてリサイクル可能です。



  ・鉄筋…鉄筋コンクリート杭から発生する鉄筋で、スクラップとしてリサイクル可能です。



  ・土砂…掘削時に発生する土砂で、適切な処理が必要です。



  ・その他の廃材…建設現場特有の廃材で、適切な分別と処理が必要です。



 ♢杭基礎解体費用の相場



  ・相場は、1本あたり数十万円から数百万円程度です。杭の数が多い場合や、深く埋まっている場合、解体に要する時間と労力が増加し、鉄筋の密度や杭の直径によっても解体の難易度と費用が変動します。



鉄筋コンクリート杭基礎の解体は技術的に難易度が高く、費用も比較的高額になります。


7.昔の木造家屋の基礎

昔の木造家屋の基礎にはいくつかの種類があり、それぞれに特有の構造、メリット、デメリットがあります。以下に代表的な基礎の種類を挙げ、その特徴を説明します。


1. 石場建て (いしばだて)

〇構造:



大きな石を地面に置き、その上に木製の柱を直接立てる方式です。



石は通常、地中に埋められずに地表に置かれます。伝統的な建築物です。



〇メリット:



簡単に施工でき、コストが低く、地震の際に揺れを逃がす柔軟性があります。



柱が直接土に接触しないため、腐りにくくなっています。



〇デメリット:



地盤沈下に弱く、時間とともに建物が傾くことがあり、防湿性能が低く、床下に湿気が溜まりやすくなります。現代の耐震基準には適していません。


2.布基礎 (石垣基礎)

〇構造:



石を積み上げて作った基礎の上に木製の柱を立てる方式で、石垣や石積みを使って基礎部分を強化します。



〇メリット:



基礎がしっかりしているため、地盤の変動に対する安定性があります。自然素材を利用するため、景観に優れています。



〇デメリット:



施工には技術が必要で、手間がかかります。石積み部分が老朽化すると修繕が難しいとされています。防湿性能が劣る場合があります。


3. 土台石基礎

〇構造:



石の土台の上に木製の土台(梁)を乗せ、その上に建物を建てる方式で、石の上に木材を配置し、建物を支えます。



〇メリット:



石が防湿効果を持つため、木材の腐食を防ぎます。簡易な施工で済むため、コストが抑えられます。



〇デメリット:



地盤が軟弱な場合、沈下や傾斜が発生しやすくなり、石の選定や配置に技術が必要となります。防震性能が低いです。


4. 板石基礎

〇構造:



平らな石板を地面に敷き、その上に木製の柱を立てる方式で、石板は通常、地面に固定されません。



〇メリット:



施工が比較的簡単です。地面からの湿気を防ぎやすい構造です。



〇デメリット:



地盤の沈下や動きに対して弱く、長期間の使用で石板が移動する可能性があり、耐震性能が低いとされています。


5. 免震基礎(現代的な技術)

〇構造:



木造家屋では古くから免震の考え方がありました。柱や梁の結合部を緩めにすることで、地震の揺れを逃す工夫をしていました。



〇メリット:



地震に対して柔軟に対応でき、建物の損傷を軽減しやすいです。



〇デメリット:



施工に高い技術が必要で、緩やかな結合は、風や日常の振動による揺れが増える可能性があります。


6.それぞれの解体方法と費用の相場

 ♢建物上部の解体



  ・建物の上部構造(屋根、壁、柱など)を順次解体し、重機や手作業を併用して安全に解体作業を進めていきます。



 ♢解体



  ・石材を一つずつ取り外していきます。手作業や特殊な機材を使用し、慎重に作業を進め石を崩さないように注意が必要です。



基礎部分を掘削し、解体します。コンクリートや石材で造られた基礎を撤去します。



 ♢解体の特徴



  ・専門的な技術が必要: 伝統的な建築物であり、石積みの解体には専門的な技術と経験が必要です。



  ・手作業の重要性: 手作業が主体であり、石材を慎重に取り外す必要があります。



  ・石積みの複雑さ: 石材の形状や組み合わせによって複雑さが増すことがあります。



 ♢廃棄物の種類



  ・石材…解体された石積みの石材。再利用やリサイクルが可能な場合があります。



  ・コンクリート片…基礎部分や壁などから解体されたコンクリート片で、再生砕石としてリサイクルが可能です。



  ・鉄筋…基礎部分や補強材として使用されていた鉄筋で、スクラップとしてリサイクルが可能です。



  ・その他の廃材…建築現場で発生するその他の廃材やゴミで、適切な分別と処理が必要です。



 ♢基礎解体費用の相場



  ・相場は、数百万円から数千万円程度です。手作業による石材の取り外しや、特殊な機材を使用した解体作業が必要です。



これらの作業が複雑であればあるほど、費用が増加します。石を使う基礎には技術的に難易度が高く、費用も比較的高額になります。



昔の木造の基礎には様々なものがありますが、伝統的な建築物で使用されることも多く基礎の種類や、建築年代などの調査をしたうえで適切な解体工事が必要とされます。



昔の木造家屋の基礎は、現代の基礎と比べて簡素でありながらも、自然の力や環境に適応する工夫が見られました。



これらの基礎は、地震や湿気、地盤の変動に対する耐性が現在の基準には及ばないことが多いため、現代の家屋では補強や改修が必要な場合があります。


終わりに・・・

建物の建築には大切な基礎ですが、解体には時間も費用もかかります。



しかし、基礎がしっかりしていなければ建物は立っていることもできないため時間、費用がかかるという事はそれだけしっかりとした家屋であったという証明にもなるのでしょう。



今回は【住宅の基礎と解体|奈良の解体工事 UK工業】と題して、



基礎と解体、基礎を解体する際の費用の相場について解説させていただきました。(^^)



解体工事を検討している方、空き家対策に悩んでいる方など、是非参考にしてみて下さい。



奈良の解体業者:UK工業株式会社では、旗竿地や極端に狭い道に隣接する建物の解体、空き家の解体による再生など、



社会が重視する「循環化」と「サステイナブル」に貢献しております!



UK工業株式会社では、他にもアスベスト(石綿)含む建物解体、空き家の撤去解体など、様々な解体を承っております(*^_^*)



奈良の解体業者:UK工業株式会社は、「美しく綺麗な解体工事」をモットーにあらゆる解体工事に対応しておりますので、



奈良の解体業者選びには、是非、UK工業株式会社をお選びください!







SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 住宅の基礎と解体工事|奈良の解体工事 UK工業